知識

賃貸仲介営業マンがすべき勉強とは?【知識より経験が重要】

人事をやっていると、けっこう聞かれるのが「何を勉強しておけばいいですか?」という質問です。この質問はとてもやる気があっていいなと思う部分もあるのですが、営業マンは知識より経験だと僕は思っていますので「それよりたくさん失敗してください」と答えることが多いです。

とはいえ何も勉強しなくていいですよというのも無責任なので、最低限やっておいてほしいことをお伝えできればと思います。

賃貸仲介営業マンがすべき勉強とは?【知識より経験が重要】

まず言っておいてしまうと、勉強はいりません。この本は読んでおくべきとか、このくらいの知識は入れておいた方がイイとか言う人もいますが、ぶっちゃけそんなものはけいけんしながらやりながらで十分身につきます。また、本で読んだ知識はあくまでも知識であって、歴史のテストの暗記問題のようなものです。自分の身になっていないので大して使えないことが多いです。そんな薄っぺらい知識よりも、自分で経験した知識の方がはるかに役に立ちます。特に、不動産賃貸営業は難しい仕事ではないので経験しながら学べば何の問題もありません。賃貸仲介営業は難しい仕事ではない【シンプルで簡単な仕事】もよろしければ併せてお読みください。

本を読むとしたらこの2種類

とはいえ勉強しておきたいという人もいると思うので念のため話しておくと、もし読んでおくのだとしたら2種類の本を読んでおけばOKです。それは

  • 社会人のメールマナーについての本
  • 社会人の敬語についての本

この2種類で十分です。これらの内容が記載されていて、あなたが読みやすい内容であればどんな本でもいいと思うので特に本は指定しません。もし後々要望があれば良さそうな本も記載しますが、ぼくは別に本を売りたいわけではないのでいったん書かないでおきますね。

なぜこれらの内容の本を読んでおいてほしいかというと、ぼくの経験上不動産賃貸業界に転職してくる人は未経験者が多く、けっこうサービス業の経験者が多いような気がしています。サービス業を経験していれば接客や応対はうまいことが多いのですが、けっこう社会人的なマナーみたいなものが欠如してしまっている方が多いです。

また、転職したばかりでなく10年以上働いているベテラン社員でも、社会人らしいメールを送れていなかったり、まちがった敬語や日本語を使ってしまっている人を意外と多く見かけます。

こういった人たちと差別化ができることは強みなので、この2種類の内容の本であれば読んでおいて損はないと思います。

とりあえず転職してみるでOK

文頭でもリンクを貼っておきましたが、不動産賃貸営業マンという仕事は難しくありません。もちろん未経験で入社すれば苦労することはありますし、しんどい、つらいと思うことは多々あると思います。でも仕事なんてすべてそんなもんです。絶望しない仕事などこの世にはありませんし、もしあるとすればその仕事はあなたの将来の為にはなりません。

まずは行動を起こしてみるのが正解です。

今すでに不動産賃貸営業マンに転職した人は、とにかくどんどん新しい仕事に触れられるようにしてください。まだそこまで仕事を振ってもらえないようであれば、早く仕事を任せてもらえるようにならなくてはいけません。そのために必要なのは、すべての仕事を精度高く完了させることです。そのうえでタスク管理はとても重要になってきますので、あまり得意でないという方はぜひ賃貸営業マンのタスク管理術【超下手クソが講師になった方法を公開】を読んでみてください。タスク管理がめちゃめちゃヘタクソだった僕が、大企業にいるときに社内で講師をすることになるほどタスク管理上手になった方法をすべて記載しています。しかもとてもシンプルで誰でもできる方法なのでけっこうおススメです。

仕事を任せてもらえるようになったら、失敗してもいいので一生懸命取り組みましょう。失敗してもいいですけど、失敗しないように全力でやってくださいね。それでも失敗します。失敗から人は学ぶのでそれでいいんです。ここではプライドを捨てましょう。このフェイズで新しい失敗をしまくれる人は遅くても3か月で戦力になれます。

これから転職しようか迷っていたり、転職予定の人は、いろいろ考えずに転職してしまえばOKです。転職してからのことは転職してからで十分間に合いますので、入社日まではしっかりリフレッシュしておく方がいいと思います。転職直後は長期連休を取る余裕はありませんので、先に旅行に行っておくのもいいと思います。フレッシュな新しい気持ちで、未来に胸躍らせ出社することの方が、無駄に知識を詰め込んで頭でっかちになることよりもはるかに価値があります。

具体的にした方がいい経験ってなに?

知識より経験が大事なのはわかったけど、具体的にどんな経験を積めばいいのか。どうしたら早くトップ営業マンになって稼げるようになるのかが知りたいですよね。

次は実際に僕がやって有益だった経験についてお話しします。ぼくが失敗しまくっていた初期のころのお話がメインになりますのでけっこう参考にはなるかなと思います。

物件の内見

物件に内見に行くには3つのフェイズがあります。

  1. 物件選定
  2. 鍵の手配
  3. 鍵の受け取り
  4. 内見
  5. 鍵の返却

これらがすべて早くスムーズにできるようになることが一番大事な経験だといってもいいと思います。これは室内写真を撮りに行くようになれば嫌でも経験できるのですが、ただ写真に行っているだけの人と、意識高く行っている人とでは後々の成長速度に差が出ます。では、何を意識高く行えばいいかというと

  • 最速で出て最速で帰ってくること
  • 事前にルートを地図で確認して順番を決めておくこと

この2つを意識して行うことが最速で成長するコツの1つです。

まず、最速で出て最速で帰ってくることを意識してください。これは、とにかく急げという意味ではありませんので誤解の内容に説明しておきますが、できる限り一番早く戻れる工夫と努力をしようということです。これができる人とできない人とでは後々契約の決定率が変わってきます。

つぎに、事前に内見に行く物件のルートを地図で確認して順番決めをしておくことです。カーナビが当たり前になったことでこれをやる営業マンが本当に少なくなりました。でも考えてみてください。カーナビがないと案内できない営業マンを信頼できますか?エリアに詳しいと思ってもらえますか?不動産賃貸営業マンはある程度エリアの情報も持っている方が間違いなく売れます。必ず地図でルートを確認して、どの順番で回るのかを決めてから出るようにしてください。これができるようになると、3か月程度でエリアの道路マップが頭の中に入ります。この状況が営業マンにとって大きな武器になることは言うまでもないでしょう。

申込の手続き

申込の書類手続きは慣れが重要です。毎回本番を練習にさせてもらうというのは難しい場合もあると思うので、できればロープレをしてもらうことをおススメします。

申込の流れがスムーズな営業マンは仕事ができるように見えますので、信頼してもらいやすくなります。また、申込手続きは物件の管理会社や家主によって書類の数やフォーマットが異なりますので、より多くの種類を経験しておくことも重要です。

とはいえまずは基本の型を体に刷り込ませることが一番大事なので、最も一般的な申込手続きを先輩や上司に聞き、ロープレしてもらってみてください。

契約業務全般

契約は事務がやってくれるからやらなくていいという会社もあるでしょう。ではそういう会社にいる人は学ばなくてもいいのか?答えはNOです。もれなくすべての営業マンが契約業務全般について理解しておくことをおススメします。

なぜなら、お客さまは基本的に営業マンが担当者だと思っています。物件紹介から案内、申込までやってもらった担当者の方がなんのかかわりもなかった業務さんより相談しやすいのは当然ですので、基本的に質問はすべて営業マンに飛んできます。

ここで何も答えられなかったり、毎度業務に確認しますではなんだか不安になりますよね。これでキャンセルになるケースもあります。そうならないためにも、全体的な流れや、必要な書類などはある程度分かっておきましょう。賃貸契約時に必要になる書類はこれがすべてで必要書類についてはできるだけ詳しく解説していますのでこれを読んでおけばOKです。本を買う必要はありません。

まとめ

今回は不動産賃貸営業マンがしておいた方がいい勉強についてお話ししましたが、この業界はどちらかというと座学より経験がものをいう業界です。

すでに転職済みの人はとにかく経験を多く積むことだけ考えていればいいと思います。もしどうしても本が読みたいようであれば、メール応対の本と敬語の本を探して読んでもらえればいいと思います。

これから転職予定の人は、とにかく早く足を踏み入れることを考えてください。不動産賃貸営業マンの世界は座学的に難しいことはあまりありません。宅地建物取引主任者の資格を取りたいのであれば勉強は必要ですが、この資格がなくても営業マンはできますのでとりあえず後回しでもOKです。

具体的にすべきことは

  • 物件の内見
  • 申込手続き
  • 契約業務全般

の3つです。これができるようになれば営業マンとしては間違いなく戦力になります。何事もまずはやってみることが大事です。勉強するという意欲は本当にとてもいいことだと思うのですが、変にたくさん知識を詰め込んで頭でっかちになるよりはまず経験してみることの方が僕は大事だと思います。

少しでも参考になれば幸いです。是非売れるトップ営業マンになって楽しい人生を送ってもらえたらと思います。

ABOUT ME
池田 優輔
飲食店フリーターからニートという超暗黒時代を過ごしながらも、賃貸仲介営業に未経験で飛び込み何とか人生を立て直す。 現在は不動産賃貸仲介会社にて人事・WEBマーケティング責任者として従事する。副業として会社経営中の社長という面も持つ。 20代で戸建てを購入し、ボルゾイという大型犬と共に暮らす2児の父でもある。
月収50万円稼ぐ営業マンになるためのノウハウを、無料メルマガで伝授します

る営業マンへ送る究極のノウハウ本発売中

著者であるぼくが賃貸営業マンとして成功するために何を考え行動したのかのすべてをここに詰め込みました。できるだけ再現性、汎用性が高く、誰もがマネできることを一番に考えて執筆しています。
「絶対に成功してやる!」みたいなやたらとモチベーションが高い人向けというよりは、不動産賃貸営業マンになりたくてなったわけじゃなかったり、なってみたはいいけれどなんだかうまくいかないといった方に向けて書いています。