仕組み

不動産賃貸営業マンの繁忙期は1~4月【月別の特徴も解説します】

賃貸仲介営業は1~4月が繁忙期です。繁忙期は閑散期のように時間をかけて応対をしなくても簡単に契約が決まる時期なので、誰でも簡単に売上を作ることができます。単純にお客さまの数も増えますし、契約の件数も増えますので、仕事量はかなり多くなります。

1~4月が繁忙期といいましたが、月によってそれぞれ特徴が異なりますので、そのポイントについて解説してゆきます。

  • 1月は繁忙期スタート期
  • 2月は調整時期
  • 3月は最盛期
  • 4月は繁忙余韻期

大きく分けるとこんな感じです。

それではそれぞれの繁忙期の特徴についてお話ししていきます。

賃貸仲介営業の繁忙期1月【繁忙期スタート期】

1月は繁忙期のスタートですので、とにかく反響の数が多くなります。
12月の終わりごろから反響は増えだしますが、やはり年末年始はゆっくり休んで、明けてから本腰を入れるという方が多くなっています。反響数は年内で一番多い月になることが多く、閑散期の1.5~2倍くらいになります。

大事なのは、この反響をどれだけ生かすことができるかです。

ここでお問い合わせを下さるお客さまのほとんどが、1月に引っ越しをしようと思っていません。ではいつ引っ越ししようと思っているかというと、新生活が始まる4月の前なので、3月の中旬~下旬くらいです。

引っ越しはそのころに考えているが、3月に探し始めて間に合わなかったら困るので早めに問い合わせしている方が多くいるということです。

もちろん1月中に引っ越したい方もいらっしゃいますので、その人たちをしっかり決めていくことも大切なんですが、それと同じくらい大切なのが、さっき話した3月中旬~下旬に引っ越したいと思っている人たちのケアです。

1月は最も反響が多く入る時期なので、その多い反響を生かし切れていない営業マンが多いと感じるのも事実です。せっかく多くの反響を得ているのに、その後につなげられていないんですね。2月、3月とすすむにつれて反響は減りますので、1月の反響を生かしていくことができるかどうかは、繁忙期の売上をMAX化するためにはとても重要です。

トップ営業マンは、3月の売上を1月から作ります。

1月のお客さまは、すぐに決まらない方も多いのが特徴です。引っ越し時期が先になるためです。なので、3月ごろに退去予定で出ているお部屋や、3月完成の新築物件などで決めていくのがセオリーです。もちろん月内の契約にもこだわりたいので、まずは月内契約の物件から話をしていくのですが、ここで押しすぎてしまうと他の不動産屋さんに行かれてしまって終わりです。

月内契約にこだわることは、トップ営業マンになるうえで非常に大切な意識ですが、こと1月に関しては、こだわりすぎてしまうことが仇になりやすくもありますので、月内契約が難しそうであれば、スパっと切り替えてしまいましょう。

賃貸仲介営業の繁忙期2月【調整期】

2月は調整期と言えるでしょう。何の調整かというと、1月の反響で3月に引っ越したい人たちの調整です。1月に決まらなかった1月反響のお客さまに紹介していた退去予定物件の退去が完了しだすのが2月です。

そのお客さまの契約を3月まで延ばした方がいいのか、2月中にまとめた方がいいのかなど、いろいろと調整をしていかなくてはいけないちょっと難しい時期です。

1月は反響の扱い方が最も重要な月だという話をしましたが、2月はそれらのお客さまをどこで納めていくのかを調整していきます。

基本的に賃貸仲介営業の売上は3月が最も高くなります。でもその3月の売り上げの半分以上は1月と2月で作ることになります。1月にとっておいた、2月3月の契約予定申込を、しっかりとまとめていくのが2月です。

調整という言い方にしているのにはもう一つ理由があります。それは、キャンセルも一定数出てくるため、その振替も必要になるからです。

申込を入れている物件は、1番手で押さえられている物件ですので、他社は介入できません。その物件がキャンセルになるということは、自社だけで紹介できる物件が増えるということです。一度申込になったということは、決まりやすい物件だということなので、必ず他の人で申込をとることができます。

自社で申込をもらっている物件をしっかりと把握し、キャンセルが出た場合に誰に振替るかをイメージしておきましょう。

そのためにも1月の反響をしっかりと処理しておくことが大事です。反響をいただいたお客さまの条件をできるだけ頭に入れておくことができれば、キャンセルが出た物件をすぐに別の方に紹介できます。

こうやってうまく調整できるかどうかが、2月を上手に使う上でとても大切になってきます。

賃貸仲介営業の繁忙期3月【最盛期】

3月はほぼ間違いなく、賃貸仲介業をやっている中で最も売上が高くなる月です。1月でたくさんなった反響をしっかりと温め、2月で細かい調整をしっかりと行っておきました。これらの成果がドカンと現れてくるのが3月です。

3月にもしあまり売上が作れなかったという人がいたとしたなら、1月と2月の使い方がうまくいっていなかったといって間違いはありません。

閑散期に比べれば反響数は多くなりますが、1月2月と比べると反響数は落ちます。ただ、比べて決まりやすい反響がなることも事実なのですが、それだけで3月の売上をMAXさせられるほどトップ営業マンになるのは楽ではありません。

いかに1月2月で準備をできているかどうかが大切なんですね。

3月は簡単に申込が取れるのですが、最も契約事務作業の量が多くなる時期でもあります。多いと30件を超える申込を処理しなくてはならなくなります。これは閑散期の2~3倍程度になります。当然業務量も2~3倍になりますので、しっかりとタスク管理をすることもとても重要になります。タスク管理が苦手な方は是非こちらを読んでください。
※タスク管理が超苦手だった僕が人に教えられるまでになったタスク管理術はこちら

タスク管理が絶望的に苦手だった僕が、タスク管理の研修で講師をできるほどになった方法が細かく書いておりますので、参考になると思います。非常に簡単でアナログな方法なので是非真似してみてください。

仕事量が多いということはミスが出る可能性も増えます。ミスが出ればクレームが出ます。クレームは対応に時間を要しますので、できる限りクレームを出さない努力を日ごろから当たり前化しておきましょう。

賃貸仲介営業の繁忙期4月【繁忙余韻期】

今でも繁忙期は3月までという人は多くいますが、最近は4月も繁忙期としてとらえるべきだと僕は思っています。

遠方から引っ越してくる方は、4月からの新生活に向けて3月中には部屋を決めて契約を終わらせておかなくてはなりませんが、実家や現住所が転職先や就職先、大学などに比較的近い場合、わざと最も込み合う3月を避けて、4月に引っ越しをする方も増えています。

とはいえ3月のようにバタバタすることはないので、僕は繁忙余韻期と呼んでいます。

なぜ4月を繁忙期ととらえるべきかというと、4月までは繁忙期営業をしておいた方が結果が出ているケースが多いからです。要するに、ちょっと強引目な営業でまだまだ決まる時期だということです。

3月が本当に、賃貸仲介業は忙しいので、4月に一息つきたくなるのはとてもよくわかります。でも今は4月も売上が作れます。

トップ営業マンになるためには、4月もしっかりと取れるだけ取っておかなくてはなりません。一息つくのは5月以降の閑散期でいくらでもできますので、作れるうちにしっかり売上を作っておきましょう。

まとめ

賃貸仲介業の繁忙期は以下の通りでした。

  • 1月は繁忙期スタート期
  • 2月は調整時期
  • 3月は最盛期
  • 4月は繁忙余韻期

トップ営業マンが売上をMAX化するためには、やはり繁忙期にどれだけ多くの売上を作れるかにかかっています。

繁忙期には繁忙期のやり方があります。
※繁忙期の売上の作り方はこちらをご覧ください。

1月にMAX化する反響を、当月に決まらないからといって切ってしまっていないですか?忙しいからといって切ってしまっていては、トップ営業マンにはなれません。

2月にしっかり調整はできていますか?1月にとった退去予定の申込が固まったりキャンセルになったりするのが2月です。ここで固まればいいですが、キャンセルになったからといってあきらめていませんか?しっかり切り替えて別の物件で決めてもらえるよう調整をしてください。また、キャンセルになった物件を、別のお客さまに紹介して、自社で決める流れを自分のものにしてください。

3月は最も売上がたち、最も忙しい月です。自分のタスクをすべて正確に把握し、どれだけもれなくミスなく処理していけるかが非常に重要です。ここでクレームを多発させてしまうと、他の業務ができなくなり、3月の売上をMAX化させることができなくなります。

4月は繁忙期の余韻が残る繁忙期のひとつです。繁忙期は3月までと思わず、4月まで走り抜けるようにしてください。一息つきたい気持ちはわかりますが、もう少し我慢してくださいね。

繁忙期は営業マンにとって、もっとも面白い時期でもあります。ここを楽しめるようになることがトップ営業マンになるためには必要です。そのためには、繁忙期にやるべきことを把握し、ある程度ゆとりをもって取り組む必要があります。

ABOUT ME
池田 優輔
飲食店フリーターからニートという超暗黒時代を過ごしながらも、賃貸仲介営業に未経験で飛び込み何とか人生を立て直す。 現在は不動産賃貸仲介会社にて人事・WEBマーケティング責任者として従事する。副業として会社経営中の社長という面も持つ。 20代で戸建てを購入し、ボルゾイという大型犬と共に暮らす2児の父でもある。
月収50万円稼ぐ営業マンになるためのノウハウを、無料メルマガで伝授します

る営業マンへ送る究極のノウハウ本発売中

著者であるぼくが賃貸営業マンとして成功するために何を考え行動したのかのすべてをここに詰め込みました。できるだけ再現性、汎用性が高く、誰もがマネできることを一番に考えて執筆しています。
「絶対に成功してやる!」みたいなやたらとモチベーションが高い人向けというよりは、不動産賃貸営業マンになりたくてなったわけじゃなかったり、なってみたはいいけれどなんだかうまくいかないといった方に向けて書いています。