転職

不動産賃貸営業マンになるときの会社の選び方【退社時間をチェック】

不動産賃貸営業マンになろうとしている方で気になるのって、この会社で本当に大丈夫なのかなってことなのかなと思っています。コンビニより多い不動産会社の中からどこを選べばよいのかについて今回はお話ししてゆきます。

結論から言ってしまえば、その会社の平均退社時間を聞いてもらえればわかります。平均退社時間が20時ごろであればOK、21時ごろでギリOK、21時過ぎると言われればブラックだと思いますのでやめておいた方がよいと思います。

会社選びで失敗してしまうと、キャリア形成が上手くいかず、時間を無駄に使ってしまうことになりかねません。そうならないためにどう選ぶべきか詳しく解説します。

不動産賃貸営業マンになるときの会社の選び方【退社時間をチェック】

先ほどもお話しした通り、退社時間を見てもらえれば大体の基準がわかると思います。というのも、基本的に19時で閉店する店が多いので、そのあとどのくらい残って仕事しているか、残業しているのかというのがポイントになります。先ほど20時ごろだとOKといったのは、閉店後残業が1時間以内ならかなりいい感じですっていう意味でとらえてもらえるとわかりやすいかと思います。

残業が1日2時間超は注意

残業時間が1日当たり2時間を超えていたら注意しましょう。もし19時閉店の会社だった場合は21時以降退社が平均だった場合がアウトゾーンです。22時を超えるような会社であれば正直論外です。

とはいえ、仕事の忙しさには波がありますし、繁忙期においてはかなり忙しくなってしまう日があります。こういう日は、毎日最速退社をしていたぼくですら22時退社はありました。単発で遅くなってしまう日があるのは仕方ないのですが、それが日常になっている会社はちょっと危険です。

残業なしというのもちょっと・・・

かといって残業なしというのも疑わしいところです。19時に閉店して19時に帰れる不動産会社というのはまずありません。どんなに早くても10分~30分は片付けなどに時間を要するので残業してしまいます。

もし残業なしとうたっている会社があったなら、疑ってかかってみた方がいいです。不動産業界はその特性上定時退社というのが限りなく難しい業種であることがその理由です。

平均残業時間1時間くらいが基準

平均残業時間が1時間程度の会社が目安になります。あくまでも平均になりますので、早く帰れる日もあれば、仕事を終わらせるために頑張ったから遅くなったみたいな日もありますよね。それらを全部ならしてざっくり1時間程度になっていれば、ぼくは良い会社だと思います。

基本的に会社は良いように言いたがる

これはたぶんどの会社もそうなのですが、やはり自分の会社は良く見せたいものです。残業時間や待遇など、ちょっとイイ風に話している、いわばちょっと盛っているケースが多いと思います。どのぐらい持っているかっていう話もあるのですが、例えばほんとうの平均残業時間は1時間20分なのに1時間ですと言っていたりとかです。

この誤差を気にするかどうかは正直微妙なところなのですが、今の時代は人材不足なので企業は人材を欲しがっています。ちょっとよく見せれば来てくれるのであれば、少しぐらいいいだろうという人事担当者がいるのも仕方がないような気もします(ほんとうはもちろんいいことではありませんが)。

なので「ちょっとイイように言っているな」というのをベースでとらえるのがちょうどいいのかなと思っています。すべて鵜呑みにせず、少しは疑ってかかるのも必要です。

不動産業界はまだまだブラックな会社が多い

不動産業界というのはそれこそ20年前くらいは本当にブラックの温床だったようです。というかそもそもブラック企業というワード自体がここ最近の流行ではあるので、20年前はある意味当たり前にどこもブラックだったと言えるのかもしれません。

とはいえその中でも不動産業界はハードでした。

飛び込み営業のある会社なら「アポイントが取れるまで帰ってくるな!」とか、反響営業なら「呼び込みが作れるまで何時まででも粘れ!」みたいなことが当たり前にありました。

そして、そんな環境の中で育った方たちが今社長をやっていたり、上席についていることになりますので、当然その風土がゼロになっているということがないのはなんとなくわかってもらえるかなと思います。

実際にある会社さんの話をすると未だに

「終電まで帰宅してはいけない」

という謎ルールが適用され続けているところがあります。これは実際にその会社にいた社員に聞いたのですが、なぜ残っていなくてはならないのかがわからないんだそうです。

不思議ですよね?特に仕事はないらしいんです。なのに帰ってはいけない。この令和の時代にもまだそんな会社があるのかと衝撃を受けたのですが、そんな会社や、考えを持つ社長さんが意外と多く残ってしまっているのが不動産業界のようです。

会社選びを間違えないことが成功する一番のコツ

今お話しした、不動産業界にはブラックな会社が多いという部分でわかった方もいるかもしれませんが、さっきの例の会社のように「無駄に終電まで残す会社」に間違って就職してしまったとしたら、人生が豊かになどなるはずがありませんよね。

時間は有限

どこかのだれかが「Time is money(時は金なり)」なんて明言を残してくれていますが、まさにその通りです。時間は有限で、時間こそ大事なモノなんです。

わかりやすく言うと、サラリーマンは給料をもらいますよね。それって大体月当たりいくらって話です。これはどういうことかというと「1か月間うちで働いたら〇〇万円あげますよ」ということになります。これって、1か月というあなたの時間をお金に換えているということなんです。バイトの場合時給です。こっちの方がわかりやすかったですねw

無駄な残業時間は無駄でしかない

無駄な残業時間が多いということは、自分の時給が安くなっているということになります。

例えば、毎日10時間働いて1万円もらっているひとの時給は1000円ですが、給料は同じ1万円なのに、無駄な残業を2時間させられた人の時給は833円になります。約170円も下がるんです。これは単純に、自分の価値を安売りしていることになります。裏を返すと、会社側からの評価が低いということです。

価値のある残業はすべきですが、無駄な残業は無駄でしかありません。無駄な残業をさせる会社にはちかづかないのがベストです。

会社選びに成功すれば人生も成功しやすい

最初の会社選びを間違えてしまうと、まずその転職や就職にかけた時間や、そのためにかけたお金が無駄になります。そして、何よりよくないのが、その会社で過ごした時間自体がすべて無駄になってしまう可能性があることです。

人生をもっと豊かにするために転職や就職をしているのに、その時間が無駄になるなんてことは避けなくてはいけません。せっかく会社に入って頑張る覚悟をしたのであれば、正しい環境で頑張るべきです。

正しい環境で頑張ることができれば、正しく評価を受けることもできるはずですので、当然キャリアアップしていくことができます。給料も増えるでしょうし、使える時間も増えると思います。

まとめ

失敗しない会社選びのポイントは退社時間でした。正確に言うと残業時間なのかもしれませんが、より分かりやすいかなということでぼくは退社時間と言うようにしています。

19時閉店の店舗であれば、毎日の退社時間が21時を超えるようならぼくは辞めた方がイイかなと思っています。理由は単純に残業が多いということと、そもそも人事はそういった数値をいいように伝えていることがあるので、その会社にとっては21時退社でも早い可能性があるからです。

不動産会社というのはそもそもブラック企業の温床でした。どうしてもその流れがあるので、今でもブラックな考え方を捨てきれない社長さんや上席の方を多く見かけます。もちろんその方たちの中には仕事がとてもできる方もいらっしゃいますのですべてを否定したいわけではなく、自分たちのやり方で結果を出してきたがゆえに、なかなか変えることができないことによる苦しさも感じているんじゃないかなと思っています。

あなたが今回の転職や就職を成功させたいのなら、一つの基準として退社時間を気にしてみるのはとてもいいことだと思います。今は僕たち従業員側が会社を選ぶ時代です。

より良い会社で、より良いキャリアを重ね、より良い未来を作っていってくださいね。

ABOUT ME
池田 優輔
飲食店フリーターからニートという超暗黒時代を過ごしながらも、賃貸仲介営業に未経験で飛び込み何とか人生を立て直す。 現在は不動産賃貸仲介会社にて人事・WEBマーケティング責任者として従事する。副業として会社経営中の社長という面も持つ。 20代で戸建てを購入し、ボルゾイという大型犬と共に暮らす2児の父でもある。
月収50万円稼ぐ営業マンになるためのノウハウを、無料メルマガで伝授します

る営業マンへ送る究極のノウハウ本発売中

著者であるぼくが賃貸営業マンとして成功するために何を考え行動したのかのすべてをここに詰め込みました。できるだけ再現性、汎用性が高く、誰もがマネできることを一番に考えて執筆しています。
「絶対に成功してやる!」みたいなやたらとモチベーションが高い人向けというよりは、不動産賃貸営業マンになりたくてなったわけじゃなかったり、なってみたはいいけれどなんだかうまくいかないといった方に向けて書いています。