メンタル

賃貸仲介営業マンのモチベーション維持はお金とゴール設定がカギ

すべての仕事について言えることなんですが、ビジネスで成功するためには常に高いモチベーションをもって仕事をすることが大切です。

とはいえ毎日毎日高いモチベーションを持ち続けているというのは簡単なことではありません。僕は比較的モチベーションは高く保てる方だと思うのですが、それでもよくない時期もけっこうあります。なかなかモチベーションが上がらなくて苦労したこともたくさんあります。

そんななか僕が賃貸仲介営業マンとして活躍で来ていたころ、どうやってモチベーションを維持していたかをお話しします。結論から言ってしまうと、お金とゴール設定がカギです。

なんとなくわかるようでよくわからないと思うので詳しく解説していきます。

賃貸仲介トップ営業マンのモチベーションの保ち方:給料額で保つ

一つは給料額での保ち方です。

賃貸仲介営業マンはやはり稼げるということが魅力です。モチベーションが下がってしまうタイミングというのは、この稼げるという状態が作れていなかったり、稼げなくなるかもという不安を感じたときに起こりやすいんです。

稼げていない状況というのは当然売上が悪い時なのでイメージしやすいかもしれませんが、稼げなくなるかもという不安というのがけっこう曲者です。

とはいえ悪い月というのはあります。トップ営業マンと言えど、調子の悪い月はありますので、給料が下がることはあります。でも、そんな時こそその低い給料額はあまり気にしないことがポイントです。

こんな時は稼げているときの給料明細を是非見てみてください。そして、実際にこの時にどんなことができていたか、何を買ったか、どこに行けたかなど、給料が高い時にできたことを思い出してみてください。けっこう気持ちが上がってきます。そして、またそのステージに行ってやると思えるようになってきます。こうなれば勝ちです。

もしまだ稼げたことがないという方は、ぜひ上司などにこう聞いてみてください。

「一番稼げている人と同じ給料になれたら、手取りで今よりいくら多くもらえるんですか?」

会社にもよるとは思いますが、稼げていない人と稼げている人の給料は20万円くらいことなるとおもいます。歩合の割合が多いところであれば30万円いじょうかわるところもあるようですが、一般的には20万円くらい異なるかとおもいます。

そして、今より20万円多くもらえたら、何ができるのかを想像してみてください。そして、実際それをやっているところ、手に入れられたところを想像してみてください。宝くじで100万円もしあたったら何をしたいかを飲み会で友達とわいわい話したりしますよね。あれを、上司から聞いた、稼げている人と今の自分との差額でやってみてください。

もし20万円だったとしたならかなりいろいろできますよね。これ結構モチベーションになります。しかもこの20万円は単発ではありません。うまくいけば毎月のことになるんです。半年続ければ今より120万円もおおくなります。年間なら240万円です。めちゃめちゃおおきいです。

賃貸仲介トップ営業マンのモチベーションの保ち方:どうなりたいかをもう一度思い出す

ビジネスにおいて、ゴール設定というのはとても大切です。僕が新人さん向けにセミナーをやる場合は必ずこの話になります。

さて、そもそもあなたはなぜ賃貸営業マンになったのでしょうか?例えば年収600万円になりたいとか、家族に楽させてあげたいとかいろいろ理由があったのではないかと思います。

そして、モチベーションが下がっている今は、目の前のことしか見えていないと思います。今現在売上が悪いということがほとんどの理由です。確かに、売上が悪い時というのはへこみますし、へこむことも大事です。でもモチベーション自体が下がってしまっては困ります。モチベーションが低い状態では上がるものも上がらんくなってしまいます。

そこで、今しか見えていない状況、足元を見てしまっている今を変えてみてください。上を向いてみましょう。要するに、ゴールをもう一度しっかり見て見ましょうということです。

今というのは将来の為の1日でしかありません。また、あなたはこの後も何十年と生きますよね?もし10年しか生きられないとしても、まだあと3650日もあります。そのうちの1日もし失敗したとしてもたった1/3650の出来事にすぎません。このたった1日に焦点を当てまくって悔いたとしてもあまり意味がないんですね。

そんな小さな1日を見るより、あなたがなりたい姿、ゴールを見てください。そして、そこへ行けた自分を想像してください。想像できましたか?

その想像した場所に行くための今を過ごしています。へこんでいる今も、その将来の為に必要な1日なんです。この1日がなければ将来は作られませんので、どんなにへこんでいる1日でも、必ず糧になるということです。

上を向いてゴールを見ることができていない人は、1日1日に目を向けすぎてしまいます。もちろん1日1日を大事にすることも大切なんですが、モチベーションの維持においては見すぎることはよくありません。

まとめ

今回はモチベーションの保ち方をご紹介しました。モチベーションの下がっているときというのは、調子のよくない今だけに焦点を当てがちです。そんな時こそ、調子のよかった時や、調子のよい結果の出ている人に焦点を当てたり、そもそもどうなりたくて今の仕事をしているのか、そのなりたい姿になれたとしたらどんな状況になれているのかを想像してみたりしてください。

人間というのは同じようなものを引き寄せる生き物です。世の中では引き寄せの法則なんて言葉もあるように、人間の思考というのは引力を持っています。

悪いイメージを持っているとき、モチベーションが下がっているときというのは、同じような負の状態を引き寄せます。この状態のときにいい方向にはいきません。行かないようになっていると思ってもらえればいいです。

逆に、いいイメージを持っているとき、モチベーションの高い時というのは、いい状態のものを引き寄せます。すぐにとはいかないこともありますが、比較的すぐにいい状態を引き寄せてきてくれます。これも、そういうふうになっていると思ってもらえればOKです。

賃貸仲介営業マンは毎月歩合給が付与されることもあり、すぐに結果が出やすい業種の為、へこみやすいですが上を向きやすい業種でもあります。この特徴を理解し、上を向き続けられるようになれば、必ず結果が後からついてきます。

このサイトではいろいろな角度からトップ営業マンになる為のやり方をお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ABOUT ME
池田 優輔
飲食店フリーターからニートという超暗黒時代を過ごしながらも、賃貸仲介営業に未経験で飛び込み何とか人生を立て直す。 現在は不動産賃貸仲介会社にて人事・WEBマーケティング責任者として従事する。副業として会社経営中の社長という面も持つ。 20代で戸建てを購入し、ボルゾイという大型犬と共に暮らす2児の父でもある。
月収50万円稼ぐ営業マンになるためのノウハウを、無料メルマガで伝授します

る営業マンへ送る究極のノウハウ本発売中

著者であるぼくが賃貸営業マンとして成功するために何を考え行動したのかのすべてをここに詰め込みました。できるだけ再現性、汎用性が高く、誰もがマネできることを一番に考えて執筆しています。
「絶対に成功してやる!」みたいなやたらとモチベーションが高い人向けというよりは、不動産賃貸営業マンになりたくてなったわけじゃなかったり、なってみたはいいけれどなんだかうまくいかないといった方に向けて書いています。