マインドセット

不動産賃貸営業マンのスランプの抜け方【リラックス状態になる】

全ての営業マンの方が数年やっていると1度や2度は必ずスランプのようなものを経験すると思います。スランプとは簡単に言うと、今まである程度うまくいっていた人が、なにもやっても全くうまくいかない状況のことです。

実際僕も何度かスランプは味わいました。今でもはっきり覚えていますが、スランプの時は本当にメンタルがしんどく、めちゃめちゃ疲弊します。

今回はそんなスランプの状態を早く抜け出してもらうための方法をお話しします。実際にぼくがやって効果が高かった方法を解説しているので、実践しやすいかなと思います。ここでお話ししている内容を愚直に実践してもらえれば、多少期間の前後はあるにせよ、スランプを抜け出すことができると確信しています。

不動産賃貸営業マンのスランプの抜け方【リラックス状態になる】

ぼくも何度か陥って何度かかなり苦しめられたスランプですが、まずこのスランプに陥っている人に伝えておきたいことがあります。それは、大前提スランプに陥ることができるということは、そもそも能力が高いんですよってことです。

なぜなら、冒頭でちょっと述べた通り、スランプというのはそもそも今まである程度できていた人ができなくなっている状況なので、本来はできる人だということなんですね。その時点ですごい人だということなので、まずは自信を持ってくださいと言いたいんです。

スランプはできる人にしか訪れない

今お話しした通り、そもそもスランプというのはできる人間しか経験することができませんので、スランプを経験している時点で優秀な人材だということです。

スランプになっているときはとにかく何事もうまくいかないので、すべてのことを悲観してしまいがちなんですが、こういう時こそ自分の能力の高さを認めてあげてほしいなと思っています。

自分を信じてあげてください。スランプになってしまっている原因の一つは、スランプによって自分を信じられなくなっていることだったりします。まずは優秀な自分を思い出し、認めてあげてください。

自分を認めリラックスすることがスランプを抜け出す鍵

自分を認め、優秀な自分を思い出すことができたら、けっこう気持ちが楽になるのではないかなと思います。第一歩が踏み出せたら、気持ちを落ち着けることを次に意識します。

スランプに陥っている状態は、なんとかしなくてはと焦っていて気が気じゃなかったりします。メンタルは疲れ切っていて、正常な状態ではありません。

基本的に、スランプの大きな原因の一つはメンタルの不調です。

メンタルを整えることができないと、根本的な解決をすることができず、完全にスランプから抜け出すことができないことが結構あります。自分を認めてあげることができたら、次はどうやったらよりリラックスできるのかを考えてください。

敢えて休暇を取るというくらいリラックスに振り切る

一旦リセットするくらいの気持ちで、メンタルを整えに行くというのがおススメです。

実際にぼくがスランプに陥って、立ち直ろうとしているときにやったことは、大きな買い物をすることと、旅行に行くことでした。ぼくにとってはこれらがとても効果的で、メンタルを正常に戻すための手段としては最適だったと感じています。

とはいえ人によってリラックスできるポイントは違いますので、人によっては釣りに行くことだったり、夜遊びをこれでもかとすることだったりいろいろかと思います。

何をするのかを決めるときに何を軸に選べばよいかというと、ちょっとやり過ぎかな?と思うくらいリラックスするための自己投資に振り切っているかどうかです。ここではなんとなく休憩とか休みを取るというよりは、バチっと切り替えができるくらい大胆に切り替えることが大事です。

メンタルが整っていれば後はいつも通りで結果はついてくる

一瞬ちょっとだけ無責任に感じてしまうかもしれませんが、スランプの原因のほとんどはメンタルが疲弊していることです。そして、そもそもスランプに陥る人というのはできる人だったはずなので、以前の状態に戻ることができれば、結果が出てあたり前ということです。

しっかりとリラックスするタイミングを作り、メンタルを整えることができたら、後は今まで通りやるだけ。自分を信じて行動するだけです。大丈夫です、あなたなら絶対にできるので、安心して今まで通りやってみてください。

不動産営業マンのスランプの本質は基本ルーティンのゆがみにある

今まで通りやっていたはずなのになぜスランプに陥るんでしょうか。これけっこうぼくも気になったので一度本気で考えてみたことがあります。

結論から言えば、今まで通りやっていたつもりだが実は基本ルーティンにゆがみが出ているというのが原因でした。自分でも気づかないうちに、今まで当たり前にやっていたことに少しずつゆがみが生じ、仕事ができるからこそうまく何とかしてこれたわけなんですが、どこかのタイミングでかばいきれなくなって不調に陥るのがスランプということです。

基本ルーティンをしっかりと守ればスランプは来ない

ということは、基本ルーティンがゆがまなければスランプには陥らないということです。これは実際ぼくがそうなので間違っていないと思います。もう少しわかりやすくいうと、基本に忠実に、できなかった頃からやっている基本を正確にこなすことがスランプを引き寄せない方法ということです。

例えばぼくの場合、朝何時に通勤するとか、毎朝コーヒーを飲むだとか、そんな他愛のないルーティンを守るだけで、スランプとは無縁だったりします。もちろんそれだけではなく、例えば物件の写真撮影は最速で終わらせるとか、接客は3時間で終わらせるとかの仕事軸でのルーティンを守ることも大事です。でも、さっき言ったような他愛もないことすら継続できないようではより重要なルーティンなど守れるはずがないと僕は思っています。

初心に帰ることがいかに大切かということ

要するに、常に好調でいたいのなら、初心を忘れるなということなんだと思っています。とはいえ、初心は忘れるものだとも思っています。矛盾しているようですが、これが本質です。人は成長するにしたがってやることや価値観は変化します。これが当たり前です。

そうでなければ成長もできません。いろいろ経験していく中で、これはよかったとかこれは良くなかったという判断ができます。そして、取捨選択して自分らしさになっていきます。だから初心は忘れるもんなんです。

でも、初心に帰ってルーティンに取り組むことはやはり重要です。なぜなら、成長する礎となったのは間違いなくそのルーティンだからです。できるようになる前の努力の積み重ねが、できる今を作っているということを思い出してください。

まとめ

今回はスランプの抜けだし方についてお話ししましたが、簡単にまとめてしまうと、スランプの原因はほぼメンタルの不調が原因です。

何らかの要因で疲弊したメンタルに、さらに追い打ちをかけるように営業マンとしての不調が襲い掛かります。そしてさらにメンタルが疲弊します。疲弊している状態で売上が上がるほど、営業マンの世界は楽ではありません。健全なメンタルを保ててこそ、良い成果を出すことができます。

そのためには豪快に休暇を取ったり、思い切ったリセットすることも必要だと思っています。正直、こういった休暇すら取れない会社にもし在籍しているのであれば、転職を考えてもいいレベルかもしれません。

初心に帰ることというのもとても大切です。成長していく過程で、どうしても初心は忘れてしまいます。そういうもんです。でも、初心の頃にやっていたルーティンの積み重ねで今があることも事実です。もう一度思い返して、ルーティンを整えることはけっこう価値があります。

今スランプで悩んでいる人がもう一度輝けるきっかけになれればと思い今回の記事を書きました。やることはシンプルですが、これができれば間違いなく抜けられると信じています。何か少しでもいいきっかけになれたらうれしいです。

ABOUT ME
池田 優輔
飲食店フリーターからニートという超暗黒時代を過ごしながらも、賃貸仲介営業に未経験で飛び込み何とか人生を立て直す。 現在は不動産賃貸仲介会社にて人事・WEBマーケティング責任者として従事する。副業として会社経営中の社長という面も持つ。 20代で戸建てを購入し、ボルゾイという大型犬と共に暮らす2児の父でもある。
月収50万円稼ぐ営業マンになるためのノウハウを、無料メルマガで伝授します

る営業マンへ送る究極のノウハウ本発売中

著者であるぼくが賃貸営業マンとして成功するために何を考え行動したのかのすべてをここに詰め込みました。できるだけ再現性、汎用性が高く、誰もがマネできることを一番に考えて執筆しています。
「絶対に成功してやる!」みたいなやたらとモチベーションが高い人向けというよりは、不動産賃貸営業マンになりたくてなったわけじゃなかったり、なってみたはいいけれどなんだかうまくいかないといった方に向けて書いています。