転職

賃貸仲介営業マンへの転職を成功させるための3つのポイント

不動産業界は稼げると思い賃貸仲介営業マンになったという方はけっこう多いと思います。かくいう僕も、飲食業界から稼ぐことを目的に賃貸仲介営業マンへと転職をしたうちの一人なので、気持ちはとてもよくわかります。

でも、賃貸仲介営業マンになったからといって、すべての人がもれなく稼げるようになるわけではないですし、なかなか結果が出ず1年と持たずに辞めていく人が多い業界でもあります。

そんな中、賃貸仲介営業マンへ転職をしたあなたが、この転職が成功したといえるようになるためにはどうすべきかについてお話しします。

結論から言うと、賃貸仲介営業マンとして成功するためのコツは3つで

  1. 素直であること
  2. 明るく振舞うこと
  3. 貪欲であること

簡単に言うとこの3つです。

この業界はほかの営業職と比べて特に、素直であることが重要な職種であると僕は思っています。また、どんな時でも明るく振舞っている人は売上がついてきやすいです。これは暗いとか怖いとか思われがちな不動産業界だからこそとても大切です。最後に貪欲であることです。営業職である以上当たり前なのかもしれませんが、売上に対してどれだけ貪欲に食らいついていけるかは賃貸仲介営業マンは特に必要な能力です。

賃貸仲介営業マンへの転職が成功したといえる状況は、僕は売上を安定して立てることができ、満足のいく給料を毎月稼げるようになった状態だと思っています。そこにどれだけ早く近づくことができるかというところに焦点を当ててお話ししていると思っていただければわかりやすいでしょう。

それではさらにそれぞれについて具体的にお話ししていきましょう

賃貸仲介営業マンへの転職を成功させるコツ:素直であること

人間が成⾧するために必要な条件は「素直さ」であると言えます。素直な心がなければ、何事からも学ぶことはできません。どんなに今まで華々しい成果をおさめたことがあったとしても、素直な心を忘れてしまい、周囲からの意見や助言を聞き入れることができなくなってしまっている人は、間違いなく成長が止まってしまいます。

日々を過ごしていると、納得のいかないことがたくさんあります。特にこの賃貸仲介営業という仕事は、お客さま以外にも管理会社や家主さんといった方々も契約ごとの際に登場してきます。一般的な営業職であれば、自社とお客さまの2者しか登場しないことが多いのですが、3者以上登場するややこしい職業なのがこの業界です。

要するに、気にすべきことが多い仕事なんです。この、気にすべきことというのは僕のブログでもお伝えしているのですが(※気にすべきことはこちらをご覧ください。)頭で理解すれば次から完璧にできるようになるのかというとそんなに簡単なことでもありません。

そこで先輩や上司からアドバイスなどをもらうわけですが、中途入社などで今までの仕事がある程度できていた人ほどこのアドバイスをそのまま受け入れることができません。こういうアドバイスはどんな内容であっても聞いておいた方がためになるであろうことは、後々落ち着いて考えてみれば理解できるものなんですが、その場ではプライドが邪魔してしまったりすることがあります。というか僕はそうでした。そこで、こう考えるようにしてください。

  • 「たとえ全面的に相手に非があるような問題でも、必ずその問題を自責でとらえる姿勢を持つ。」
  • 「叱られたことについて言い訳せず、深く反省したうえで、叱られた(指摘してもらえた)ことに感謝する。」

ビジネス経験を積むにしたがって、学ぶ心、素直さは徐々になくなっていってしまうケースが多く見受けられます。これは誰にでも起こることだと思うので、仕方がないのだと思います。「今更学ぶことはない。」「そんなことわかってる。」といったように、話を聞こう
ともしなくなってしまいます。

素直さを忘れた人は、自ら学ぶチャンスを放棄していることになり、誰も更なるチャンスを与えようとは思わなくなってしまいます。他人の話に謙虚に耳を傾け、素直に受け入れる聞き上手になれれば、自分の弱点に気づくことができ、チャンスを呼び込むことまでできてしまうのです。

この素直な気持ちが常に持てている人は、どこまでも成長し続けることができます。特に、この業界で早く結果を出し、転職してよかったと思えるようになりたければ重要項目として受け入れてください。

賃貸仲介営業マンへの転職を成功させるコツ:明るくふるまうこと

不動産業界は怖いとか暗いとか思われがちです。昔は地元の不動産屋さんといえば、店内はたばこの煙で白く曇っており空気が悪く、中には見た目ほぼヤクザみたいな従業員がドッカと座っていて愛想もないというのがイメージでしたし、実際そういう業者さんもいました(いまだにまだ多少存在しますが)。

だからこそ明るく振舞えるということはとても重要な意味を持ちます。ほとんどのお客さまは不動産業界にいいイメージを持っていないので、ドキドキしながらいらっしゃいます。そんな中、お店に行ってみたら従業員がとても明るく元気な印象であれば、かなり好印象を与えられることは間違いありません。そこで特に注意してもらいたいことがあります。これは僕が実際に新人のころ、特に意識してやっていたことです。

それは挨拶です。

あいさつをきちんとするのは当たり前ですよね。誰もが小さいころからそう教わってきています。ところが

  • 「声が小さい」
  • 「自分からあいさつしない」
  • 「笑顔がない」

といったようなことは、残念ながら珍しいケースではありません。
また、一部ではこういったことは赤字会社の社員にみられる典型的症状であるとも言われています。あいさつはその人の仕事への意欲や人格までも印象付けることができるとも言われていますので、非常に重要なことなんです。

初対面の相手に対してはとくに、初回のあいさつでその人の人格どころか、その会社の印象まで判断されかねません。あいさつは仕事の一部と捉えることができれば、見え方も変わってくるのではないかと思います。

まずは挨拶からしっかりとやってみてください。元気よく明るい挨拶がまずできるようになれば、自然と明るく振舞うこともできるようになります。

賃貸仲介営業マンへの転職を成功させるコツ:貪欲であること

営業マンとして大切なのが貪欲であることです。常に数字を追わなくてはならない営業マンにとって、もっとも大事な心構えといってもよいかもしれません。

営業マンに、このくらいでいいかという妥協は不要だと思ってください。常に高い目標を掲げ、達成できたらさらに高い目標を設定する。貪欲に高みを目指していくことが、営業マンとして成功するためには必要です。

営業マンの経験が浅いあなたが賃貸営業マンに転職し、成功するためには、この営業マン思考にならなくてはならないのですが、営業マン思考は一般職とは思考回路が異なる為、なかなか難しかったりもします。

最初からトップ営業マンの思考回路になることは難しいので、まずはとりあえず貪欲に何でもチャレンジしてみるようにしましょう。かっこつけずに、泥臭くたくさん失敗する覚悟で何でもやってみることがとても大事です。

これは賃貸仲介営業マンだけに言えることというよりは、すべての営業職についてもいえることなんですが、失敗した数だけ人は成長します。そして、失敗をした方が早く成長します。失敗をするのは気持ちのいいものではありませんし、かっこのいいものでもありませんが、大事なのは賃貸仲介営業マンとして成功することですよね?

そのゴールをしっかりとぶれずに見ながら、貪欲にやっていくことができれば、そうでない人達と比べれば格段に早く成長することができ、結果を出すことができます。

まとめ

賃貸仲介営業マンに転職して成功するためのコツは3つでした。

  1. 素直であること
  2. 明るく振舞うこと
  3. 貪欲であること

いつも明るく元気に、素直に貪欲にやっていくことが賃貸仲介営業マンに転職してきて早く結果を出すためには大切な要素です。

自分自身も含め、伸び悩んだり、結果を出すまでに時間がかかる営業マンを僕は何人も見てきました。そういった人たちに共通するのは、これら3つのことがかけているということでした。結果が出ていないと不安になるので明るく振舞うことができなくなります。プライドが邪魔をして、素直に他者の意見を取り入れることができなくなり、成長に対して貪欲になることも忘れてしまいます。

この悪循環に陥ってしまうと、抜け出すのに少し時間がかかってしまうこともあります。そうなる前に、初心に戻って、この3つを意識して実践してみてください。

僕はこれらを意識しなおして実践することで結果を出せましたし、賃貸仲介営業マンに転職してよかったと思うことができるようにもなりました。

転職してすぐに結果など出ないとわかってはいても、なかなか思うように結果が出ないと焦りが出てきてしまうものです。でも、結果を出すためにはこういった基本的なことこそ重要なんです。

転職してよかったと、成功だといえるようになるために是非もう一度意識しなおしてみてくださいね。

ABOUT ME
池田 優輔
飲食店フリーターからニートという超暗黒時代を過ごしながらも、賃貸仲介営業に未経験で飛び込み何とか人生を立て直す。 現在は不動産賃貸仲介会社にて人事・WEBマーケティング責任者として従事する。副業として会社経営中の社長という面も持つ。 20代で戸建てを購入し、ボルゾイという大型犬と共に暮らす2児の父でもある。
月収50万円稼ぐ営業マンになるためのノウハウを、無料メルマガで伝授します

る営業マンへ送る究極のノウハウ本発売中

著者であるぼくが賃貸営業マンとして成功するために何を考え行動したのかのすべてをここに詰め込みました。できるだけ再現性、汎用性が高く、誰もがマネできることを一番に考えて執筆しています。
「絶対に成功してやる!」みたいなやたらとモチベーションが高い人向けというよりは、不動産賃貸営業マンになりたくてなったわけじゃなかったり、なってみたはいいけれどなんだかうまくいかないといった方に向けて書いています。