コツ

「なぜなぜ人間」になれればトップ営業マンになれるという真実

トップ営業マンになる為に必要なことは細かく上げればいろいろあるのかもしれませんが、もし何か一つだけその条件を上げるとするならば、それは「なぜなぜ人間」になることです。

結論を言ってしまっているのですが、これが真実です。そして、この「なぜなぜ人間」というのが何なのか、またどうしたらなれるのかについて理解することがトップ営業マンになる為にとても重要なことだと言えます。

それでは今回はこの「なぜなぜ人間」とはなんなのか、またそうなることでなぜトップ営業マンになることができるのかについて詳しく解説していこうと思います。

「なぜなぜ人間」になれればトップ営業マンになれるという真実

表題の通り「なぜなぜ人間」になることができれば、トップ営業マンになることができます。とはいえ、まず「なぜなぜ人間」とは何なのか、そしてそうなることでなぜトップ営業マンになれるのかについてまずお話しします。

「なぜなぜ人間」ってなんなのか

「なぜなぜ人間」というのは、起こることすべてに対して「なぜ?」と疑問を持つことができる人のことです。すべてのことに対して疑問をもち、うまく質問することができる能力と言い換えることもできますね。正直この能力を持っている人は、不動産賃貸営業マンとしてトップを走り続けることができるのはもちろん、それ以外の職業においてもかなり高い能力を発揮し、活躍することができます。

でもここで多いのが、自分は聞けていると思い込んでいる人です。そして、このタイプの人のほとんどが実際はその本質のほとんどを聞き出すことができていないんです。

「なぜなぜ人間」は本質をつかむために必要な能力

どうして「なぜなぜ人間」になることがそれほど大事なのかと言うと、それは相手の本質をつかむために必要な能力だからです。もう少し具体的に言うと「疑問に思う能力」と「質問を組み立てる能力」が備わっていることがその要因です。

後者の「質問を組み立てる能力」は、すでに聞くべきことが決まっていて、それをどのように聞けば失礼でないかなどを考え、質問自体の構成を組み立てる能力のことです。そして、意外とこの「質問を組み立てる能力」を持つことができている人は多いです。

しかし、この能力を生かすには前提条件があります。それは、すでに聞くべきことが決まっているという前提条件です。でも、例えば初めてお店に来ていただいたお客さまがいたとして、すでに聞くべきことが決まっているという前提条件を満たしていることなどあり得るでしょうか?もちろんあり得ないですよね。

まずはこの「疑問に思う能力」を発揮し、聞くべきことを聞き出し切ることが必要なんです。これができなければ、どんなに「質問を組み立てる能力」が高かったとしても生かし切ることはできなくなってしまいます。

本質をつかむことができれば何でも売ることができる

先ほど話した「疑問の思う能力」というのをまた言い換えさせてもらうとそれは「本質をつかむ能力」とぼくは言っています。正直、この「本質をつかむ能力」さえ持っていれば、トーク力がうまくなかったとしてもシャイで人と関係性を作るのが苦手だったとしても、不動産賃貸営業マンとして活躍することは問題なくできてしまいます。

それどころか、本質がつかめてしまうということは、相手の悩みや本当に欲しいモノが理解できるということになるので、不動産賃貸営業マンと言わず、どんな営業マンであっても成功することが可能です。要するに、なんでも売ることができてしまうということなんですね。

これは実は逆説的に考えることもできて、ちょっと大げさな話かもしれませんが、本質をつかむことのできない営業マンはどんなに頑張ったとしてもモノを売ることはできないということです。

「なぜなぜ人間」になる為に意識すべきこととは

「なぜなぜ人間」になることが営業マンとして活躍するためにいかに重要かという話をさせてもらったのですが、どのようにしたらその「なぜなぜ人間」になることができるの?と思いますよね。早速ですが「なぜなぜ人間」になる為にはどうしたらいいのか、何を意識してゆけばいいのかを解説していこうと思います。

お客さまの背景に興味を持つ

「なぜなぜ人間」になる為にまず必要なことは、お客さま(相手)に興味関心を持つということです。

そして、これが一番難しいと僕は思っています。というのも、以前のぼくは全くと言っていいほど、お客さまに興味関心を持つことができずとても苦労した経験があるからです。でも僕はそんな経験をしていても、ちょっとした工夫と意識改革で乗り越えることができました。

ちょっとした工夫については次で解説しようと思いますが、まず先に意識改革についてお話しします。ずばりその意識改革とはお客さまの背景に興味を持とうということです。もう少し詳しく話すと、表面的な部分ではなく、お客さまの裏に隠れている背景を知ることができるように会話を組み立てようという感じです。

お客さまの発言全てに「なぜ?」と思うようにする

意識としては先ほど言ったように、お客さまの背景を知ろうとすることが大事なのですが、ここでぼくはまた壁にぶち当たります。それは、どんなに意識高く背景を知ろうと思ってもなかなか本質までたどり着けた実感がなかったということです。そこで、より具体的にやってみたことが発言のすべてに「なぜ?」と思うようにしたことです。さらに具体的にやってみたことは不動産賃貸営業マンのヒアリングのやり方を解説【現場で実践済みです】という記事で詳しく解説していますのでそちらをご覧いただけたらと思います。

すべての事柄には本質が隠れているということ

発言のすべてに「なぜ?」と思えるようになると、かなり本質にたどり着くことができやすくなります。これが当たり前になるのに訓練は必要ですが、モノにしてしまえばそれほど難しい作業ではありません。

人と話しているとその人の言うことを鵜呑みにしたくなる瞬間(自然に鵜呑みにしてしまう瞬間)がありますよね。というか、その瞬間というのはほとんどの場合無意識的に過ぎ去ってしまうことが多いので後になって気づくことが多いのではないかなと思います。

そこで、必ずこう思うように意識を変えてください。それは「すべての事柄には本質が隠れている」ということです。ちょっと偏った言い方をすると、どんな些細なことであっても疑ってかかるくらいがちょうどいいです。こういう言い方をすると誤解を招くかもしれないので念のため言っておくと、相手はべつにあなたを騙そうとしているわけではありません。ある程度警戒していたり、見栄を張っていたりして自分をさらけ出していなかったりすることが原因で知らず知らずのうちに自己防衛に走ってしまっているんです。これが普通なので、その自己防衛の防御の裏側に隠れている背景の部分を見ることができるように、工夫をして本質を引き出してゆかなくてはいけないんですね。

まとめ

今回は「なぜなぜ人間」になれればトップ営業マンになれるという真実についてお話ししました。営業マンとして成功するにはお客さまの自己防衛の防御の裏側に隠れている背景、本質にたどり着けなくてはいけません。その為に必要なのが「なぜなぜ人間」になることだったんですね。

そしてこの「なぜなぜ人間」になることができればトップ営業マンになれるだけでなく、その他の業種でも活躍できる優秀な人材になることができます。

ぼくの記事では基本的に不動産賃貸営業マンとして成功を収めるために必要な情報をお伝えしているのですが、一生不動産賃貸営業マンとして生きてほしいとは全く思っていません。

これを読んでくださっている方の中には、本当は不動産賃貸営業マンになりたいわけではないという方もいると思います。実際僕が不動産賃貸営業マンになったときは、不動産賃貸営業マンになりたくてなったというよりは、稼げるようになりたいというのが理由だったからです。でも、そういった方がチャンスを掴むきっかけとしてはぼくはこの仕事はとてもいいきっかけになると思っています。

この業界で経験を積み、本質をつかむ営業スタイルが確立できるようになれば、けっこうどこに行っても通用します。これはぼくの経験から言えることなのですが、ほとんどの営業マンは大した実力などありません。ただ何となく営業マンをやっているだけの人ばかりです。

そんな中どうしたら成功を収められるのかを考え努力を続けることができる人がいたとしたら、圧倒的に成果を残すことができるようになるであろうことは安易に想像できる話かなと思います。

是非あなたには成功を掴んでもらいたいです。それがぼくの願いです。

ABOUT ME
池田 優輔
飲食店フリーターからニートという超暗黒時代を過ごしながらも、賃貸仲介営業に未経験で飛び込み何とか人生を立て直す。 現在は不動産賃貸仲介会社にて人事・WEBマーケティング責任者として従事する。副業として会社経営中の社長という面も持つ。 20代で戸建てを購入し、ボルゾイという大型犬と共に暮らす2児の父でもある。
月収50万円稼ぐ営業マンになるためのノウハウを、無料メルマガで伝授します

る営業マンへ送る究極のノウハウ本発売中

著者であるぼくが賃貸営業マンとして成功するために何を考え行動したのかのすべてをここに詰め込みました。できるだけ再現性、汎用性が高く、誰もがマネできることを一番に考えて執筆しています。
「絶対に成功してやる!」みたいなやたらとモチベーションが高い人向けというよりは、不動産賃貸営業マンになりたくてなったわけじゃなかったり、なってみたはいいけれどなんだかうまくいかないといった方に向けて書いています。