雑談

タバコを吸わない不動産賃貸営業マンの方が売上が高いのはなぜ?

今回の記事もどちらかと言うと雑談になろうかと思いますが、かなり本質は付いている内容になるのでためになる部分は多いかと思います。

不動産賃貸営業マンの中でも結果を残すことができるいわゆるトップ営業マンと言われている人たちにはいくつかの特徴があります。これらの特徴はぼくの経験から導き出したものなのですが、不動産賃貸営業マン時代に限らず、営業マンが全国に1万人以上在籍するような大企業においてもしっかりとリンクした内容になりますので信ぴょう性は高いです。

さて今回は『タバコ』についてです。結論から言ってしまうと、売れる営業マンになりたければタバコは吸うべきではありません。今すぐ持っているタバコを握りつぶし、ごみ箱に捨てることをおススメします。

今回はなぜタバコを吸わない営業マンの方が良い成績を残すことができるのか、成功することができるのかについて解説をしていきます。これを読んでいただければ、なんとなくタバコを吸っていることがいかに無価値なのかに気づいていただけるのではないかと思います。

これは、ぼく自身がタバコに否定的であるというよりは、成功者の本質的にという観点で話していると思っていただいた方が正しいと思いますので是非参考にしてもらえればと思います。

タバコを吸わない不動産賃貸営業マンの方が売上が高いのはなぜ?

先ほども言った通り、成功したいという考えを持っている方はタバコを吸うべきではありません。ただ、ここで勘違いしてほしくないのは「タバコを吸う」ということ自体を否定したいわけではないという事です。

世の中には「タバコが好き」な人が当然います。これは嗜好品として「好き」という人のことでなので、「コーラが好き」とか「ラーメンが好き」みたいなモノと何ら変わらないという事ができます。こういった「好き」なことを好んでやっている人については今回のぼくが言いたい事には該当しないと思ってください。

タバコが好きで、意識的に吸っている人というのは趣味の一環なのでむしろアリかもしれないという事です。銘柄にもこだわっていてそれしか吸わないとか、その1服の為に他のことを我慢できるとか、タバコを吸うという行為自体をやることが、大げさに言って「生きがい」のようになっている人は例外とします。

ぼくがここで言っている人というのは「なんとなくタバコがやめられない人」「なんとなくタバコを吸っている人」です。これらのタイプの人は厳しめに言えば、仕事のできる人間にはまずなることはできませんし、人生において成功を掴むことは難しいと思った方が無難です。

本質は「自己管理」ができる人間が多いから

ではなぜ「なんとなく」タバコを吸う人は成功できないのか。それは「自己管理」ができないからです。

基本的にビジネスの場においてはすべてに『理由』や『意図』が必要です。『理由』や『意図』のないビジネスなど存在しません。「なんとなく」タバコを吸っている人というのは、無意識的に現実逃避を常習化させてしまっている人という事ができます。これは「自己管理」ができないことを意味し、もっと言えば仕事ができない事を意味するという事もできると思っています。

裏を返せば「自己管理」ができるようになりたければタバコはやめるべきです。なんとなく吸うタバコほど無駄なものはありません。無駄になるのは「お金」「時間」が主ですよね。TIME IS MONEY という言葉があるように、どちらもとてつもなく大切なものです。それのどちらも失うことになるモノがタバコなんですね。辞めない理由はないのではないかと思います。

タバコを吸わない人の方がメンタルコントロールが上手であるという事実

タバコを吸っている人は自己管理能力が低いという事ともう一つ、メンタルコントロールのヘタさというのも持ち合わせていることが多いと思います。

タバコを吸わないとイライラするといいますよね。これをタバコのせい(ニコチンのせい)にする人が結構いますが、それを摂取するかどうかを選択しているのは自分だという事をなぜ棚に上げてしまうのかいつも不思議でなりません。確かに中毒性が高いので辞めることが難しいのだとは思います(ぼくも昔喫煙者だったのでわかります。)。でも辞められないということはありません。

結局メンタルコントロールが上手な人は、タバコに頼る必要がないので吸いません。タバコがないとやってられないという人は、現実逃避をする手段としてタバコを用いていることがあります。タバコがないとコントロールできないので、吸えない環境下にいるとイライラしたりパフォーマンスが落ちたり、不安になったりします。

「におい」という観点からもタバコは吸わないのが吉

そして最も営業マンがタバコを吸うべきでない理由が「におい」です。正直に言って、ビジネスの相手がタバコ臭いとぼくはかなりガッカリします。せめてにおいくらい消して来いよと思ってしまいます。

タバコが好きという人はにおいを残さない工夫を意識的にやっています。商談直前には吸わないとか、吸ったら消臭スプレーをジャケットや衣類にかけるとか、かなり小まめに行っています。でもこれってけっこう大変です。手間がかなりかかります。

だから結局吸わないことを選べるのであれば、吸わないことがいいのです。ビジネスの場においてタバコが活躍することというのはほぼないと言ってしまって間違いありません。

タバコをやめられる人はトップ営業マンにも成功者にもなることができるという真実

ここまで読んでいただくとなんとなく「タバコ」を捨てることがとてもいい影響を及ぼすであろうことに気づいていただけるのではないかと思います。そして、それは間違いなく正しいです。

でも、あなたがもし今タバコを吸っているからと言って落胆しないでください。確かに今、タバコを吸っている事実は残念かもしれませんが、タバコはやめることができますよね。そうなんです、辞めればいいだけなんです。

そして、タバコは吸ったことがないという人よりも、吸っていたけど辞めたという人の方がビジネスの世界においては成功しているなと感じます(だからと言って今から吸い出してわざわざ辞めるのは辞めましょうね。笑)。

タバコは中毒性があります。一度手を出すとなかなかやめられません。吸っている人ならわかると思いますが、時間が空くと非常に吸いたくなってきてしまいますよね。

「禁煙」って本当にすごく難しく大変なこと

タバコを止めること、「禁煙」というのはこの中毒症状を断ち切ることになります。これはかなり難しいことです。中毒というのは簡単に言うと自分の意志とは別に欲してしまう事と言い換えることができます。意思とは関係なく欲してしまうので、かなり強い意志と行動がなければ「禁煙」は達成できません。

簡単に禁煙はできません。これはぼくがやったのでわかります。難しいんです禁煙は。だからぼくは簡単だなんてことは言いません。それくらい高いハードルなのだと言っておきます。

だからこそ越えられたときに得られる恩恵も大きいものになります。「禁煙」ができるというのはかなりの意志と行動が必要なので、それを達成できるという事は、それなりの意志を持ち行動することができる人だという事になります。

極論、「禁煙」できるならなんだってできる

それだけ難しい「禁煙」ですが、もしできたとしたらどうでしょう?なんだってできると思いませんか?

ちょっと大げさかもしれませんが「禁煙」を達成できる人は成功できる人だと思います。理由は先ほどから何度も言っているように、意志が強く行動もできる人だからです。

意志が強く行動できる人というのはビジネスにおいて非常に大切なスキルを持っている人という事ができますので、「禁煙」ができる人という事は成功できるし、なんだってできるというくらいすごい人だという事になります。

優れたビジネスマンの8割以上は非喫煙者

そして最後に、この社会の本質について少し触れておきます。

ぼくは今まで数多くの経営者や成功者と会ってきました。小さな会社の経営者から、大きな会社の代表取締役や、芸能関係の方まで様々です。

そしてこの人たちには共通点がありました。みな「非喫煙者」だったのです。

世界的に見て、成功者の8割は非喫煙者だと言われています。中には元アメリカ大統領のチャーチルのように超ヘビースモーカーという例外もいますが、あれはもう葉巻やタバコを吸うこと自体がブランディングになっていますし、こだわりも強すぎるので別格だと思います。

非喫煙者になるということは、成功者の仲間入りをするための土台作りになると言ってもいいと思います。それほど、タバコを吸わないという選択は、人生において非常に重要な選択だという事ですね。

まとめ

不動産賃貸営業マンとして成功している人、トップを走り続けている人の多くはタバコを吸いません。もし吸っているとしてもかなりしっかりとしたルールを自分に課していたり、周りを不快にさせないための工夫をしています。

もし今あなたがタバコを常習的に吸っているのであれば、辞めてみることをおススメします。もちろん簡単にやめられるものではありませんが、辞めることがもしできたなら間違いなくそれは今後の糧になります。

タバコは百害あって一利なしです。好きで好きで仕方ないとか、もう趣味の領域だとかいう場合を除いて、ビジネスマンはタバコを吸うべきではないのです。

営業マン、ビジネスマンとしてはもちろんですが、人生をよりよくしていきたいという方もタバコは吸わない方がいいでしょう。なぜなら成功者の8割以上は非喫煙者だからです。

「禁煙」はとても難しいものですが、もし達成できたなら必ず人生の糧になります。自分を信じて、律することができれば、今後の人生をより豊かなモノに必ずできますので、気合を入れてぜひ取り組んでみるといいでしょう。

ABOUT ME
池田 優輔
飲食店フリーターからニートという超暗黒時代を過ごしながらも、賃貸仲介営業に未経験で飛び込み何とか人生を立て直す。 現在は不動産賃貸仲介会社にて人事・WEBマーケティング責任者として従事する。副業として会社経営中の社長という面も持つ。 20代で戸建てを購入し、ボルゾイという大型犬と共に暮らす2児の父でもある。
月収50万円稼ぐ営業マンになるためのノウハウを、無料メルマガで伝授します

る営業マンへ送る究極のノウハウ本発売中

著者であるぼくが賃貸営業マンとして成功するために何を考え行動したのかのすべてをここに詰め込みました。できるだけ再現性、汎用性が高く、誰もがマネできることを一番に考えて執筆しています。
「絶対に成功してやる!」みたいなやたらとモチベーションが高い人向けというよりは、不動産賃貸営業マンになりたくてなったわけじゃなかったり、なってみたはいいけれどなんだかうまくいかないといった方に向けて書いています。